ツイステッドワンダーランド ネタバレ感想〜プロローグ〜ナイトレイブンカレッジ 前半

ゲーム

ツイッターでたまに宣伝が流れてくるから気になってた

ツイステッドワンダーランドをついにインストールしました

ツイステッドワンダーランドとは、ディズニーのヴィラン(悪役)を題材にしたスマホゲームで原案やメインシナリオ、キャラクターデザインは漫画・黒執事でおなじみの枢やなさんが担当しています

ヴィランが題材になっているのでもう少し殺伐というか怖い感じなのかと勝手に思っていたのですがそんなことなく

やってみると今までのキャラクターのイメージとプレイ後のキャラクターのイメージがガラッと変わりそのギャップみたいなのがドツボでハマっています

とはいえ、語り合える相手がいないのでここに吐き出してしまいたいと思います

好き勝手書くのでネタバレ・画像バレ注意でお願いします

ツイステッドワンダーランド あらすじ

この物語が描くのは「悪役たち(ヴィランズ)」の真の姿

魔法の鏡に導かれ、異世界「ツイステッドワンダーランド」に召喚されてしまった主人公。

辿り着いた先は名門魔法士養成学校「ナイトレイブンカレッジ」。

行くあてのない主人公は、仮面の学園長の保護を受け、元の世界へ帰る方法を探し始める。

しかし、そこへ待ち受けていた生徒たちは、才能豊かだが、協調性皆無の問題児ばかりだった!

はたして主人公は、彼らと協力し、元の世界へ帰ることができるのか?

そして、ヴィランズの魂を持つ、生徒たちの秘密とは?

ツイステッドワンダーランド公式サイトより引用

以上があらすじです

簡単にいえば、異世界で目を覚ました主人公が元の世界へ帰る方法を探します

探している最中に様々なトラブルに巻き込まれるよ

さあ、無事帰れるかな?

って感じです

ツイステッドワンダーランドプロローグネタバレ感想

注意 ここから画像も使って感想を書いていくのでネタバレしたくない、自分でプレイするって人はここでさようならです

ネタバレされたって感じのクレーム等は一切聞かないので

ご承知のほどよろしくお願いします

いきなりバトルが…

鏡から差し出される手

ちょっとホラーな感じでプロローグがスタート

進めていくと元になったヴィランを選択、そしてその中からさらにキャラクターを選択させられる

自分は、ライオンキングが好きだったのでライオンキングでキャラクターはレオナ・キングスカラーを選びました

完全に知っているからって感じで選んでます

で、選択し終わるとバトルのチュートリアルに行きます

巨大な猫の化け物と戦うのですが…このバトル

勝てません

おそらくラスボス的な存在ををチュートリアルに持ってきているのでしょう

後から気がついたのですがこのチュートリアルの敵はあるキャラクターの暴走状態なのではないかと言われています

このチュートリアル、一度終わってしまうと再戦ができないっぽいのでスクショを取っていないのが非常に悲しい

もし持ってる人いたら画像提供してくれないかな?

そんなこんなで負け試合が終了

やっと本編に入るって感じです

ちなみに選んだキャラの式典服のカードが確定でもらえほかはガチャを最初だけひけました

やり直しができたけどSSR確定かわからなかったので1回目でたジャックのSSRで妥協(笑)

迷い込んだのは別の星?それとも異世界?

寝起き早々、青い炎で焼かれかけます(笑)

蓋が開けられ目の前には喋るたぬき、周りには棺が浮いています

たぬきには服をよこせと差もなくば丸焼きにすると脅されます

ちなみに選択肢が表示されるところがいくつかありますが少し会話の内容が変わるくらいで物語が大きく変わることは(今の所)ないみたいです

逃げて逃げて、で最終的に追い詰められますがそこに仮面かぶった怪しい人?に助けられました

どうやら本来はあんなタイミングで目覚めるのはおかしいそうで探してくれた様子

ちなみにあの部屋に浮いていた棺は扉らしいです

仮面の男

「それまでの世界に別れを告げ、新しく生まれ変わる」

この言葉少し引っかかりました

入学式があるらしく元の部屋に行きます

学園長

道中の会話で、この場所は「ナイトレイブンカレッジ」という学校であること、この人はディア・クロウリー(CV・宮本充)校長先生であることがわかります(まだ上がいるのね)

なんやかんやで場面が変わり、鏡の間の場面に

赤髪の男

ここでやっと他のキャラクター(寮長)が登場(いないのもいる)

みなさん、イケボです//

ここで寮わけをするらしくプレイヤーも参加します(といっても物語進めるだけで何かアクションすることはありません)

ちなみにプレイヤーのデフォルト名はユウになっています

性別は特に決まっていないし今の所選択肢で性別が変わってくるようなのもありません

選択肢の内容も男女どっちが答えてもさして違和感がないようになっています

どっちをイメージしてプレイしてもいいでしょう

ちなみにナイトレイブンカレッジは男子校らしいです

闇の鏡

で、闇の鏡による選定の結果このプレイヤーからは魔力が感じられない「無」らしくどこの寮にもふさわしくないそう

魔法が使えない人間が選ばれるなんてこの100年なかったはずと言っていますが、100年以上前にはあったのかな?

とまあそんな会話を聞いたグリム(さっきの猫 CV・杉山紀彰)がだったらその座をよこせと暴れます

止めるためにメガネの人(アズール)と赤髪の人(リドル)が捕獲を買って出ます(かって出たのはアズールだけだったかな?リドルは頼まれただけか)

ここでリズムゲームが発生

タイミングに合わせて画面をタップするだけの簡単なやつです

これをクリアするとグリムはリドルの魔法にかかり一次的に魔法が使えなくなりなすすべもなく学校を追い出されます

そしてプレイヤーも魔法の力がないので学園に入学させるわけにはいかないと故郷に返されることに…

闇の鏡が返してくれるそうなのでおとなしく従います

プレイヤーはホッとします

ク)「さあ闇の鏡よ!この者(プレイヤー)をあるべき場所へ導きたまえ!」(堂々と)

闇)「・・・」

ク)「ゴ、ゴホン・・・もう一度 闇の鏡よ!この者を・・・」(恥ずかしかったんだろうな)

闇)「どこにもない」

ここの自信満々に堂々と言ったのにから回ってしまったときの空気っていたたまれないよね・・・

じゃなくて

プレイヤーさん帰るところが無いそうです

この世界のどこにも また無であると言われてしまいます

学園長

クロウリー曰くありえないそう

この後プレイヤーの出身地を聞きますが聞いたことない地名になるそうです

ってか世界中から来た生徒の出身地把握してんのすごくない?

とりあえず図書館で調べてみるもどこにも乗っていないみたいで結局プレイヤーはなんらかのトラブルで別の惑星か異世界からやって来たのではないかと仮説が建てられました(このゲーム宇宙の概念あるんだねってことに驚いた)

それで本来なら魔法が使えないのにこの学園においておくことはできないが保護者がわからない若者(おそらく未成年)を放り出すのは教育者として胸が痛むそうで、学園内の使われていない建物でしばらく寝泊まりしていいことに

その間に帰る方法を探すことになります

クロウリー学園長、超優しいじゃん

自分で言っちゃうのは少し残念な気がするけど

オンボロ寮

で、連れてこられたのは趣がありすぎるボロボロの建物…

選択肢

選択肢に真っ白な埃が雪景色みた〜いってあるので相当汚いのでしょう

ここで学園長は調べ物があると言って去ってしまいます

しばらくすると雨が降って来ます

そこに…

雨に打たれて逃げ込んでくるグリムのセリフ

先ほど追い出されたはずのグリムが姿を表します

また入って来たみたいです

そんなグリムに学園に入りたい理由をきくと

「オレ様が大魔法士になるべくして生を受けた天才だからなんだゾ!」

だ、そうです

もう少し深いわけがあるのかと思いきや

少し拍子抜けでした(笑)

雨漏りで濡れるグリム

そんなこんなでグリムと会話をしていると上から雨漏りがして来ます

何箇所もするのでプレイヤーはバケツを探しに廊下へ…

ボロボロの上暗いのでなかなか怖いと思います

実際こんな場所あったらせめて明るくなるまでは歩き回りたくないですね

まあ、案の定出ます(笑)

3人のゴースト

ゴーストが3匹

新しいゴースト仲間を探しているそうです(遠回しに死ねと…)

グリムが炎で応戦しますが、攻撃が当たりません

打つときに目を瞑っているみたいです

それを指摘すると…指図するなと(このクソ猫)

そこでプレイヤーはグリムに自分の指示を聞いてくれるようになりそうな言葉をかけます

進めていくとここでもリズムゲームが発生

最初のやつとは雰囲気が違いますが、やり方は似た感じです

そんなこんなでゴーストを追っ払うことに成功

ここで学園長が夕食を持って来てくれました(本当に優しいな)

グリムが見つかりますが先ほどのゴーストの件を伝えるとこの寮が無人だった理由が判明

ゴーストがいるせいで生徒が寄り付かなくなったそうです(忘れてたってww)

それを聞いた学園長はゴースト退治を見せてもらえないかとプレイヤーに聞きます

そこで、ゴースト役は学園長でもう一度さっきのリズムゲームをすることに…

勝利後…

学園長はモンスターを従わせているプレイヤーにびっくり

この世界はテイマー的な存在はいないか珍しいんだね(驚)

ただ調教師や猛獣使いって言葉がそのままの意味で存在しているからいないわけではないのかな?

なんかブツブツ言っている学園長にプレイヤーがゴリ押し

ただやはりモンスターを入学させるのは許可できない

プレイヤーに関しても元の世界に戻るまでただ居候をさせるわけにはいかない

が、プレイヤーをこの世界に呼んでしまったのは闇の鏡を所有する学園にも責任があるとして

とりあえず、宿に関してはこのオンボロ寮を無料で貸してくれることに…

ただ衣食住に関しては別なのでそれは学園内の整備などの雑用をこなすことで学内に入ってもいいことに

それに加えて元の世界に帰るための情報収集に図書館を使う許可が…

え、いい人すぎん?学園長

雑用係としての生活がスタート

学園の雑用係としての生活がスタートしたプレイヤー

朝は、ゴーストに起こされます(笑)

とりあえず学園長がするべきこと指示しに来てくれます

やることを指示してくれるとかどんだけ優しいの?

まあ、グリムが騒ぎを起こさないように釘を刺しに来たのもあるけど

グリムは不満そう

そして学園内へ

メインストリートにて7つの石像を発見

見ているとある生徒が話しかけて来ます

話しかけてくる男子生徒

彼の説明によると見ていた石像は「ハートの女王」の石像

ハートの女王(石像)

ハートの女王は昔、薔薇の迷宮に住んでいた女王で規律を重んじる厳格な人柄で、トランプ兵の行進も薔薇の花の色も一切乱れを許さない

マッドな奴らばかりの国なのに誰もが彼女には絶対服従

それはなぜか・・・規律違反は即打ち首だったから

だそう

説明してくれた彼の名前はエース・トラッポラ(CV・山下誠一郎)

新入生だそうです

グリムも自己紹介し子分としてプレイヤーも紹介

ユウという名前はこの世界では珍しい響きになるらしい

他の石像についても説明してくれました

目に傷のあるライオンの像(ライオンキング・スカー)

ライオンキング・スカー(石像)

サバンナを支配した、百獣の王

でも、生まれながらの王ではなく綿密に練った策で玉座を手に入れた努力家

王になったあと、嫌われ者のハイエナも差別せず一緒に暮らそうと提案した

タコ足のおばさん(リトルマーメイド・アースラ)

リトルマーメイド・アースラ(石像)

深海の洞窟に住む海の魔女

不幸せな人魚たちを助けることを生きがいにしてた

お代さえ払えば変身願望から恋の悩みまでなんでも解決してくれたらしい

彼女の手にかかれば叶わない願いはなかったらしい

お代はちょっと高めって話らしい

でかい帽子のおじさん(アラジン・ジャファー)

アラジン・ジャファー(石像)

砂漠の国の大賢者

間抜けな王に仕えていた大臣で、王子と身分を偽って王女を誑かそうとしていたペテン師の正体を見破った切れ者

その後魔法のランプを手に入れて世界一の大賢者までのし上がった

さらにその力で王の座まで手に入れた

美人(白雪姫・ウィックド・クイーン)

ウィックド・クイーン(石像)

世界一美しいと言われた女王

毎日魔法の鏡で世界の美人ランキングをチェック

で、自分の順位が1位から落ちそうになったらどんな努力も惜しまずやった

世界一の美を保つための意識の高さがすごい

あと、毒薬作りの名手

頭が燃えてる男(ヘラクレス・ハデス)

ヘラクレス・ハデス(石像)

死者の国の王

魑魅魍魎が蠢く国を1人で治めていた超実力者

顔は怖いが押し付けられた嫌な仕事も休まずこなす誠実な人でケルベロスもヒドラもタイタンも命令に従って戦った

ツノが生えている(眠れる森の美女・マレフィセント)

眠れる森の美女・マレフィセント(石像)

魔の山に住む茨の魔女

高貴で優雅、そして魔法と呪いの腕は7人の中でピカイチ

雷雲を操って嵐を起こしたり、国中を茨で覆い尽くしたり、魔法のスケールが大きい

巨大なドラゴンにも変身できた

以上がエースによるグレート・セブンの説明

でいい感じに説明してくれたからいい人なのかと思ったら

ディスるエース

結構な悪い顔でディスられ始めました

色々言われた結果グリムブチギレ

喧嘩をふっかけます

向こうも喧嘩に乗ります

でヒートアップした結果グリムの炎をエースが風で飛ばしてそれがハートの女王の石像に…

焦げるハートの女王(石像)

ハートの女王黒焦げ

ここで学園長に見つかります

学園長ブチギレ

キレる学園長

でも罰は退学でも強制退去でもなく窓拭き掃除100枚……

は?これだけなんだ 

言いつけ守らず騒ぎを起こした挙句石像黒焦げにしたのに…これだけで済むんだ(驚)

何回も書くけど、学園長優しすぎるよ(泣)

本当にヴィランが元ネタ?見た目だけじゃないの?

とかなんとか思ってしまったプロローグの前半でした

ん?前半?

そう!前半なんですよ!これ…

半分だけで情報量がありすぎて長くなるので分けることにしました

一応感想だけじゃなくストーリーにがっつり触れて書いているつもりなので(笑)

では後半へ続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました