PS4版 JURASSIC WORLD EVOLUTION (北米版)プレイ感想

今回は、あのジュラシックワールドを自分で経営できるシュミレーションゲーム

JURASSIC WORLD EVOLUTION (北米版)をプレイしたので感想を書いていこうと思います

こちらはもともとPCのゲームで2018年にPS4でも発売されました

ただ、日本版は発売されておらず、今回は海外版をアマゾンで購入してプレイしておりますが字幕や音声は共に日本語に対応しており特に何か設定することなどもなくソフトを入れたら日本語でゲームが再生されます

ゲームモードは3種類

キャンペーンモード

このゲームのメインコンテンツです

これは、いわゆるチュートリアルも兼ねたゲームモードで基本的な操作方法やパークの運営の仕方を学び

トラブルの解決をしつつミッションをクリアして最終滴の島の評価を星5にするのが目標です

ちなみに自分が今やってるモードもこれでまだ星5になっていません(笑)

チャレンジモード

これはまだやったことがないのですが、クリア条件はキャンペーンと同じで島評価を星5

にすることらしいのですがそれを難しくする縛りがいくつか儲けてるみたいです

一番簡単な難易度でキャンペーンモードをクリアした人が余裕でクリアできるレベル

次のレベルがギリギリ

その次からは縛りが一気にきつくなるので少し油断するとすぐに資金が尽き最高難易度では少し建物建てたり恐竜作ったりしただけで資金が無くなくなるそうです

そのうちチャレンジしてみます

サンドボックスモード

サンドボックスモードは最初は選択することができません

キャンペーンモードで一番最初の島を星4まで上げることでプレイできるようになります

キャンペーンモードでは資金が無制限で使えるので自分で自由にパークの作成をすることができます

ただ使える施設や作ることができる恐竜はキャンペーンモードで使えることができるようになったものだけなのでサンドボックスモードはキャンペーンモードをクリアして全ての施設・恐竜をアンロックしてからやることをお勧めします

プレイしてみた感想

もともとPCのゲームなので操作性とかがPCに合わせてあるとコントローラーでのプレイはやりにくいかなと思ったのですが

というのも

まあ、自分がもともとPCでゲームやらない人なのでキーボードマウスの操作性を知らないのですが、

同じくPCゲームからPS4でも発売されたゲームになんとなくコントローラーではプレイしにくいと感じるゲームがあったので(自分が下手くそなのもありますが)少し疑っていたんです

が、このゲームはそんなことはなくコントローラーでも十分快適にプレイできるかなって印象でした

グラフィックも綺麗で恐竜のモーションも綺麗に動きます

自分で遺伝子いじって誕生させた恐竜を観察するだけでも楽しいです

何より海外のゲームではありますが日本のPS4でプレイすると自動で日本語で再生してくれるのがいいですよね

自分で日本語に切り替える必要もありませんでした

英語が全く分からなくてそれで萎えることがないのがいいです

一つ思うところがあるとすればサンドボックスモードがキャンペーンモードをクリアしないと制限がかかるところですかね

キャンペーンモード自体そんなに難しくないとはいえ自分みたいにゲーム苦手な人がやる場合はやはりクリアまでに時間がかかりますしなんとなくミッションやるより自分で自由に作成したい人もいるかもしれませんし

まあ、自分はミッションあってくれた方がプレイしやすいのでゆっくりやっていこうかなと思っています

同じ会社が作っている遊園地経営シュミレーションのプラネットコースターが今年の冬かな?

えっとホリデーシーズンにPS4とPS5あとXBOXで発売するらしいです

まあ、ジュラシックワールド買ったのもそのプラネットコースターがどんな感じになるかなって思って同じ会社なら似たスタイルになるでしょうと思ったらなのですが

同じような感じなら十分期待ができるゲームかなと思いますので日本語に対応していたら買おうかな?

買ってプレイしたらレビュー書きます

では、今回はここまでにしたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました