〜ペット保険について〜加入するなら絶対に早いほうがいいその訳は?

ペット保険に入るならお早めに犬猫の知識

犬や猫を飼い始めると頭をよぎるのが保険に入ったほうがいいのかどうか
まだ若いうちは動物病院のお世話になることは少ないので入らない人も多くいると思います

でも、将来的にペット保険加入を考えているのなら加入は早いほうがいいです
なぜなら、ペット保険で補償してくれるのは加入後以降に負った怪我や発症した病気の治療費などで、加入前に負った怪我や発症した病気は補償対象外になるから

つまり、もしペット保険に入る前にずっと治療や投薬が必要な病気や怪我になってしまうとそこから保険に加入してもその病気や怪我はについては全額自己負担になると言うことです

動物病院の治療費は人が思ってるより全然高額ですよ

もし支払いができなければ治療してもらえません

仮に病院のご厚意で治療をしてもらえても病院に借金という形で治療してもらうことになるのでそのお金は返さないといけません

その間も治療した子にお金がかかりますし自分も生活があります

これ、仮に治療した子が亡くなっても借金なくなりません

最悪、借金だけが残ってしまうことも

なので自分は保険は早めに加入することをお勧めしています

ペット保険とは?

ペット保険とは?

では、そもそもペット保険とはなんなのか、説明しようと思います

基本的にペットの病院の診察費は自由診療で病院によって若干費用が違います
そしてどこの病院でも診察費検査台諸々は飼い主の全額自己負担になります

少し体調を崩して検査をすると軽く1万円から2万円くらいかかってくるときもあり
その他、もし急に入院や手術となった場合軽く10万はかかることも・・・

ペット保険は加入して毎月の支払いをきっちりしておけば万が一の怪我や病気の時に契約している分の補償が受けられ飼い主の負担を減らしてくれるものになります。

補償内容については保険会社によってまちまちです
詳しく聞こうにもおそらく動物病院に相談しても詳しくは話してくれません

これに関しては自分で調べる必要があります

なので今回いくつかの保険を比べてたり無料で資料請求できるサイトのリンクを貼っておきます

すぐ下のバナーから飛んでください

二つあるので使いやすい方のサイトを選んでください


ペット保険

ペット保険 資料請求

また、ここでもどの保険会社も共通していそうなところは書いておくのでよければ続き読んで見てください

最後にもリンクを貼っておきますね

ペット保険で補償されるもの

補償内容(入院・通院・手術・その他)

次にペット保険に入ることで受けられる補償についてですが大きく分けると通院補償、入院補償、手術補償になります

通院補償

きっと1番使います

病気や怪我で病院に通院する際に支払われる補償で主に診察費や処置、検査費用あとは処方される薬の費用がこれに当たります。

入院補償

入院費用に対する補償です

手術補償

手術費用やその際の麻酔費用に対する補償です

その他補償

上記の他にペットセレモニー費用(お葬式)や車椅子の作成費用、賠償責任を補償できるものもあります。

これは保険会社によって違うので決める際には良く確認しましょう

ペット保険の補償対象外の事例

ペット保険の補償対象外の事例 驚く猫

次は保険の補償対象外の基本的な事例について説明します。
これは飼い主さんがしっかりと把握して病院側に伝えないといけない場合もあるので特に窓口精算の保険で補償対象外の病気や怪我で診察受けるときは要注意です。

また、当然例外みたいなのは存在するので良くわからない場合は保険会社に聞くのが正解です。

ペット保険加入前の病気や怪我に対しては補償対象外

まずは、これです。
ペット保険は加入後に負った怪我やそれによる後遺症、かかった病気に対する保証はしますが、加入前の怪我や病気に対しては補償対象外になります。

例えばもし加入前に心疾患や癲癇発作等で投薬治療が必要になった場合、病気を発症したのが加入後ならその治療などは補償対象内ですが加入前に発症したものなら加入後の診察でもその費用は全額自己負担になります。

予防や避妊去勢、健康診断など病気や怪我ではない場合は補償対象外

例えば混合ワクチンや犬なら狂犬病、フィラリアの検査と薬など予防に当たる項目や避妊去勢の事前検査や手術、あとは普通の健康診断(血液検査やレントゲン含む)など病気や怪我としての診断名がつけられない項目に対しては保険の補償対象外になります。

予防を怠った場合の感染症は対象外

例えば混合ワクチンで予防できる感染症やフィラリアなどに予防をしてなくてかかった場合は防げるはずの病気なので補償の対象外です。

ただし、しっかり予防しててもかかることもあるでしょう。この場合は保険会社によって対応が変わってくるので要確認になります。

ペット保険の請求方法

ペット保険の請求方法

請求方法は入るペット保険や病院によって違いますが大きく分けてこの3つになると思います

診察後、郵送で保険会社に書類を送って請求する(診断書なし)

  1. 怪我や病気の発生
  2. 病院に行って診察を受ける
  3. 一旦全額支払う
  4. 保険会社に連絡後郵送で書類を郵送
  5. 審査を通過し次第保険金が帰ってくる

という仕組みです

このタイプだと病院には自分で全額支払ってその後自分たちで保険会社とやりとりをして保険適応分のお金が帰ってくるという形になります。

なお、手順は保険会社によって若干違います

診察後、郵送で保険会社に書類を送って請求する(診断書あり)

  1. 怪我や病気の発生
  2. 病院に行って診察を受ける
  3. 獣医師に診断書を書いてもらう
  4. 一旦全額支払う
  5. 保険会社に連絡後郵送で書類を郵送
  6. 審査を通過し次第保険金が帰ってくる

これも一旦全額支払って後から保険会社とのやりとりでお金が帰ってくる仕組みになります。

上との違いは必要書類に診断書がいるかどうかでだいたいは診察時に一緒に書いてもらうか後日書いてもらうかしてもらえます。

どちらにしろ獣医師に書いてもらうように頼む必要があるの必要なら診察時に獣医師かその場にいる看護師に伝えておきもし専用の記入用紙があるのなら渡しておきましょう。

病院の窓口で請求する

  1. 怪我や病気の発生
  2. 病院に行って診察を受ける
  3. 保険証を提出し病院で保険を適用して差額を支払う
  4. 病院が保険会社に残りの差額を請求する

人間みたいに保険証を提示して保険を適用した金額を病院に払う方法です。
手続きが病院の窓口で基本的に解決するのでとても簡単です。

ただこれは動物病院側が保険会社と提携している必要があるのでもし提携していなければ上の2つのどちらかの請求方法になります。

また補償対象外の診察を受ける際そのことを病院側に伝えておかないと間違えた請求をしてしまいややこしいことになることがありますので注意です。(獣医師も看護師も人間だということです笑)

もしこのタイプの請求方法の保険がいい場合はかかりつけの動物病院に聞いて見る必要があります。

加入できるペットの種類は?新規加入できる最高年齢は?

加入できるペットの種類は?新規加入できる最高年齢は?(老犬・老猫・エキゾチックアニマル)

基本的には犬と猫になると思います。

新規加入できる最高年齢も保険会社によってまちまちなのでいろんな保険会社を見比べて一番あった保険を選んで見てください

ここにも無料の資料請求ができるサイトのバナーを貼っておきます。
上のと同じなのでわざわざ上に戻る必要はありませんよ。


ペット保険

ペット保険 資料請求

最後に

自分は今まで動物病院に勤めていて、ペット保険のありがたみはものすごくわかっています。
入ってる人と入ってない人の支払う金額の差は歴然です。

もし少しでも入ろうかなと考えている人は早めに情報を集めて選んだほうがいいです。
今は必要なくても犬も猫も年をとったら一気に何かしら出るので

若くても万が一怪我をしたり誤食してしまい緊急で手術が必要になった場合など保険があるなしでは負担が全然違うので

万が一を考えるなら保険加入をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました