爬虫類初心者にオススメ【ヒョウモントカゲモドキ】

初心者にオススメ ヒョウモントカゲモドキおすすめ

爬虫類の飼育は何かと大変なイメージがあると思います

例外はないはず

もちろん決して簡単ではないです

が、

これは生き物飼うに当たって共通することなので仕方がないですね

でも、自分は約5年前からヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー 通称レオパ)を必要最低限の飼育環境で飼育しています

自分的には他の爬虫類やよく飼育されている犬や猫よりは簡単に飼育できると思っています

なぜなら、

犬や猫は初期費用としてケージと寝床、トイレに首輪リードにごはんとおやつ

継続的にごはんとおやつ、後定期的な病院または美容院代が必ずかかってきます

月に数万はくだらないでしょう

それに比べてレオパなら初期費用はそれなりにかかれど、それ以降のお金がかかることといえばヒーターの電気代と水、半年に一回ペースで餌代(人工餌の場合)

電気代は正直大したことありません

自分が使う分の電気を少し節電してあげればまかなえます

餌は、生き餌やなまものでなければ長期保存がききます

毎日上げる必要がないので半年に一回くらいのペースで買い足せば問題ありません

月の費用に換算すれば数千円で済むでしょう

場所も畳半分くらいのスペースが確保できればまかなえます

特別なことは何していないですが、自分が使っているものや日頃の管理について教えたいと思います

レオパ飼育に必要なもの

レオパの飼育には初期投資として色々と必要な道具があります

と言っても生き物を飼うに当たって事前準備なしで飼育できる生き物はいないので、もしこの時点でくじけるなら生き物を飼うことは諦めてください

レオパ飼育に必要なもの①:飼育するためのケース

これは絶対必要です

ケース内で生活をさせるので個体の大きさによりますがある程度の大きさのケースがいります

ただレオパはそこまで大きくなる生物ではないので最低30×20で高さが15のケースであれば飼育できます

⬇️がちょうど自分が使っているのと同じ大きさのケース

ただやっぱり若干狭いかなという印象はあるのでもし余裕があるならもう少し大きめのケースの方がいいかもしれないです

ケースの仕様に関しては好みがあるのですが、自分は上がスライド式で

開くものを最初に購入しているのでそれをずっと使っています

スライド式だった故に合わなかった機材が存在しそれを使うために今は蓋を乗せるだけにしているのでもしこの後書く保温器具を使うなら注意が必要です

レオパ飼育に必要なもの②:温度管理のための保温器具と温度湿度計

暖とつです 蓋に取り付けてあります

レオパだけではないのですが爬虫類を飼育するに当たって必要になるのが保温器具です

彼らは、自分で体温調節をすることができないので周りの温度を彼らの適性温度にして上げる必要があります

レオパの適性温度は25度〜30度くらいです

ただ、レオパは暑さも寒さも多少適性温度からずれても耐えてくれるので、他の爬虫類よりは神経質になる必要はないですが、

狭いケージ内で飼うことになるので自分で温度調節がしやすいようにあったかいところとそうでないところをうまいこと作ってあげるのがコツです

下記の道具は自分が実際使っているものです

  • パネルヒーター
  • 保温球または暖突(どっちかでいい)
  • サーモスタット(使う保温器具によってはいらないかもしれない)

 

パネルヒーター

まず一つ目がこれ

パネルヒーターです

パネルヒーターは文字どうりパネルタイプのヒーターでケージの下に敷いて使うタイプのヒーターです

これは部分的に暖かいところを作るのが得意なのでゲージの役1/4〜1/3のところに敷いてやればレオパが温まりたいときに自分で敷いてある部分に温まりにいけます

割と必須なのでゲージに合わせて購入しておきましょう

🔽のが温度調節を自動?でしてくれるやつ

自分も使っています

保温球

保温球はゲージ全体を温めるものになります

つけた途端から結構暑くなるので扱いに注意がいる感じです

油断すると自分が痛い目に会います

これは、つけたら消すまで電気がつきっぱなしになるので使うときはサーモスタットが必須になります

なお、電球は寿命があるので定期的な買い替えが必要です

夜とか結構明るく光っているのでゲージと寝室が一緒の部屋の場合は不向きかも

自分はこれは合わなかったので即別なのに買い替えました

暖突

今現在自分が使っている保温器具のメインはこれです

これも保温球と同じく一度電源さしたらずっと動いているのでサーモスタットが必須です

保温球との違いは、光らないこと、故障しない限り半永久的に使えること、触ってもそこまで熱くないことです

自分的には光らないのと交換がいらないのがよかったのでこっちをお勧めはします

もしかしたらお値段が高いので買うの戸惑う人がいるかもしれませんが、

保温球は電球交換がいるのでその分のお金を考えるとそこまで変わらないのではと思っています

ただ取り付けるのは、自分はケースの蓋にしかつけられなかったのでそこにつけているのですが

これをつけるのに別で100均の小さい金網と結束バンドが必要に…

一応蓋にも複数の穴は空いていたのですがそこにネジが入ってくれなかったのでこんな形にしました

しかもそれを取り付けることで蓋のスライド機能が使えなくなったのでもしそれが嫌ならつける場所をもっと工夫するか、やめておいたほうがいいかもしれません

サーモスタット

サーモスタットは保温球または暖突を使うときにいる機材です

これを使うことで初めて温度管理ができるようになります

なぜかと言いますと

保温球も暖突も単体では温めるだけで調節はしません

つまり電源にさしたらひたすら加熱を続けて適正温度になっても温め続けてしまいます

流石に火事になる程熱くなることはないですが、適正温度より高い温度になってしまっては意味がありません

それを解決するのがサーモスタットです

コンセントと保温球または暖突の間にサーモスタットを挟んで接続、そしてサーモスタットの温度を適正温度に設定してケージにセンサーを取り付けることで

ケージ内の温度がサーモスタットで設定した温度に達すると自動的に止まるようになります

つまり保温球や暖突による温度の上がりすぎを防ぐことができるということです

ケージ内の温度が設定した温度より低くなればまた電源が入って保温を始めるので一定温度に保つことができます

サーモスタットは温度調節ができない保温器具を使う際は必須になるので自分が使う器具に合わせて購入しましょう

湿度管理に使っているものと温度計

温度計は湿度も一緒に測ってくれるものがいいでしょう

自分は吸盤でくっつくタイプを使っていましたがすぐに取れるのでおすすめしません(ついこの間壊れました)

今、いい感じのを探し中です

湿度に関しては水が上から入れられるシェルターを使っているので常にそこそこの湿度を保っている状態です

湿度は、脱皮不全を防ぐためにある程度必要なので足りないと思ったら霧吹きなどで吹きかけてもいいでしょう

レオパ飼育に必要なもの③:えさと与えるためのピンセット

画像だと短く見えますが実際は帽子こそ縦長です

生き物を飼育するにあたって避けては通れないのがえさ

特に爬虫類はえさがネズミとか虫だったりするのでそれが飼いにくい要因の一つになっています

ここで紹介しているレオパも基本的にはコオロギを食べさせます

でもそれでは虫がダメな人は飼育できないじゃないかと思うでしょ

そんなことはありません

今は、人工飼料がレオパにも使えるようになったのでレオパがそれを食べるようになれば虫は与えなくて済むようになります

人工飼料は保存がしやすいし水でふやかすか練り上げれば与えることができるので給餌がとても簡単になります

今では、半ゲル状になってるものをそのまま与えられるえさもあります

袋の方がペレットタイプを水でふやかすやつ(いま使っています)

ボトルの方が粉をお湯で練って固めるタイプ(過去に使っていました)

正直、ペットと飼い主の好みです

うちの子はどっちも食べたので自分が使いやすい方を使っています

ただ、人工飼料を食べない個体もいるのでそれは個体を選ぶ際にペットショップでよく確認する必要があります

日頃から人工飼料で育った子ならお家で人工飼料を与えても食べてくれるでしょう

購入した後でコオロギしか食べないとなってしまうと意地でも虫を捌けるようにならないといけません

もしかしたらできるようになるかもしれませんが、その人次第でしょう

ただ、レオパも拒食をすることがあります

そうなった場合少し期間を開けるくらいは大丈夫なのですが、あまり長いこと拒食が続くと衰弱してしまうのでその場合は他の餌を与えてみる必要があります

なのでそうなった時のためにせめて冷凍コオロギくらいはいじれるようになっておいたほうがいいかもしれませんね

餌を与えるときはピンセットを使うか置きエサにします

自分は、最初の数口はピンセットで与えて食いつきが悪くなったら置きエサにしています

これで次の日には大体無くなっています

なぜピンセットを使うか

うちの子は置きエサでも食べてくれますが、レオパは動いているものをエサとして認識します

人工飼料や冷凍コオロギはどう頑張っても動いてくれないので飼い主が手で動かしてあげる必要があります

そのためにいるのがピンセットです

じゃないと手に噛みつかれるかもしれませんよ

最後に

うちはこんな感じでレオパを飼育しています

ここまでが確実にいるんじゃないかと思う道具です

床材などはとりあえずはキッチンペーパーで事足りるのでそれを使いましょう

もし内装に凝りたくなったらその時に砂などを買えばいいです

レオパの飼育は、

場所はそこまで取らないし餌は1週間に1から多くても3回でいい(個体差あり)

掃除も毎日は必要ないし

温度と湿度の管理さえしっかりしていれば数日家をかけるのも平気です

そのくせかわいい癒し

爬虫類…苦手でなければレオパをお勧めします

コメント

タイトルとURLをコピーしました