犬の散歩の人に迷惑をかけないようにする為の3つの注意点

他の人や犬に迷惑をかけない 散歩のルール犬猫の知識

こんにちは、アカヒナです。

ワンちゃんの散歩は、その子の社会化の為、運動不足やストレスの解消、飼い主さんとのコミュニケーションに必要不可欠です。

しかしマナーを守らなければ楽しいはずの散歩がトラブルまみれになることも・・

最低限守らなけいけないのは

  • トイレの始末
  • リードを正しく使うこと
  • 対人・犬に対しての対応

   です

今回はそんな散歩のマナーを自分なりに書きたいと思います

これを読めば、犬の散歩は楽勝ですね

犬の散歩 トイレの始末

ワンちゃんの中には、外で排泄をする子、むしろ外でしかしません出来ませんというような子がいます。

外で排泄をした時は必ず飼い主が始末をしてあげなければいけません。

その為にはまず水とビニール袋を必ず持って出かけましょう。

尿をした時は水をかけて流し、便をした時はビニール袋に入れて持ち帰る、それだけの事です。

もし片付けなければそれは人間でいうトイレに行った後流さずに出ることと同じです。そんなことしたら他の人が不快な思いをしますし、自分がされたら嫌でしょう。

ワンちゃんたちは自分で片付けることはできないので飼い主が責任持って片付けてあげましょう。

散歩中飼い犬のウンチを放置して去る男性のイラスト
散歩中飼い犬のウンチをちゃんと拾う女性のイラスト

この青い服の人はダメな人です。

桃色の服の人はちゃんと拾って偉いですね。

あとは、排泄をさせる場所ですがワンちゃんによって好みがあります。

壁や電柱の近く、アスファルトの上がいい、草や砂の上じゃないと出ませんなど様々です。

その子ができるところでするのはいいですが間違っても人様の敷地でさせるのはやめましょう

きちっと片付けても確実にトラブルに繋がります。

散歩時のリードの着用、適切な長さ

ごくたまにノーリードで散歩をしているワンちゃんを見かけますが、日本では絶対にやめましょう。

ワンちゃんは突然人が意図していない行動を取ることがあります。

突然車道などに飛び出したり、人に飛びかかったりなど。

よく躾をされていても100%ではありません

何かの拍子に飛び出してしまうこともあるでしょう。

他の人のため、何よりその子の命を守る為にも必ずリードをつけて散歩をしましょう。

飼い犬とノーリードで散歩する男性のイラスト

↑これは一般の道路ではしてはいけません 

ノーリードで離すならドッグランに行きましょう。

リードは長すぎても短すぎてもよくありません。

周りに迷惑をかけず何があっても自分が対応できる長さにしましょう。

なお、長さについては個人差みたいなのがあると思うので細かい数字は書きませんが、一般的なリード(伸びないタイプ)を少し短めに持つのがいいんじゃないかと思います。

ワンちゃん大きさなどに合わせて的確なのを選びましょう。

散歩用リード

↑こんな感じのやつ

伸びるタイプはお勧めしません。

ロックをかけないとどこまでも伸びてしまいノーリードと変わらないからです。

散歩の時の他の人、他の犬への対応

散歩中、反対側から人、もしくは同じく散歩中のワンちゃんがきたらとりあえずその人たちと自分のワンちゃんの間に自分がくるようにしましょう。

間違っても初っ端の犬同士の接触はさせないでください。

噛み付いてしまう、もしくは噛みつかれてしまう可能性があり危険です。

接触させる場合は少しづつ慎重に、どちらかでも様子が変(唸る、牙を見せるなど)あったらその日はやめておきましょう。

あと子供も注意です。不用意に近づく、触る子がいるかもしれませんがとりあえずそれは防ぎましょう。

子供に慣れていないワンちゃんにとっては未知の存在です 威嚇し吠えるまたは噛みつきにいく可能性は十分にあります。

怪我をさせてしまえば、たとえあっちから近づいてきたとしてもこちらの責任になります。下手したら警察沙汰になり兼ねません。

ワンちゃんにとってもストレスになるので基本的には触らせないようにしましょう。

自分なりの散歩のルール

上記に含めて

散歩バックを持ち歩く(常識です)

中身・・・ビニール袋(数枚)、ペットボトル(流すようとワンちゃんの飲水用一本ずつ)、トイレットペーパー

リードは聞き手じゃない方の手で持つ

何かあった時のために利き手をフリーにしておく(自分は右利きなのでリードは左手で握ります)

リードは少し短めに持つ

ワンちゃんは常に自分の足元にいる状態にする 

自分が見て居られる、何かあっても絶対に対処できる範囲に居てもらうようにしましょう

ワンちゃんを歩道側にして歩く

車から守る為

車からは下を歩いている犬が見えないことが非常に多いです 

気づかず轢いてしまったなんてことにもなりかねないのでワンちゃんの命を守るためにも必ず人が車道側を歩きましょう

夜などは自分と犬に反射板みたいなのをつけて車に気づいてもらいやすくしましょう

最後に

いくつか紹介しましたがこれは自分が最低限守ってほしいことです。

ただルールまみれにして窮屈になりすぎるのもまたストレスになると思います。 

散歩の時間帯やコースによってはもう少し楽に散歩できると思いますので自分の住んでいる周辺をよく見て人に迷惑をかけないようにストレスにならないように楽しく散歩をしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました