犬の混合ワクチンと狂犬病…打つのを優先すべきワクチンはどっち?

犬猫の知識

犬は生まれてから初年度に混合ワクチンを約3回、狂犬病ワクチンを1回

それ以降はどちらも年一回打つと思います。

しかし何かしらの理由でワクチンを打つのが遅れてしまってワクチンの時期が被ってしまった

もしくはなるべくワクチンの負担を減らしたい飼い主さんいると思います。

元動物看護士の観点から言わせてもらうと優先して欲しいのは混合ワクチンです。

もちろん狂犬病も大事なので

どっちも大事なのでワクチンは打って欲しいのですが

何故優先すべきは混合ワクチンだと考えるのか

混合ワクチンは特に法律などで打つことが義務付けられているワクチンではありません。

逆に狂犬病は狂犬病予防法という法律で打つことが義務付けられているワクチンです。

これだけで決めるなら優先すべきワクチンは狂犬病になります。

ただ狂犬病は今のところ日本には存在しない感染症です。

海外に行って感染した他の哺乳類に接触しないかぎりは問題ないでしょう。

逆に混合ワクチンで予防できる感染症は日本に存在し割と近くで猛威を奮っています。

予防できるのにしないで外を歩かせるのはとても危険です。

感染・発症すれば命を落としかねないのまであります。

こう考えると優先すべきは混合ワクチンです。

もしどっちを先に打つか迷うのであれば混合ワクチンを優先し間をあけて狂犬病を打ちましょう

打つワクチンを減らしたい場合も獣医師によう相談して許可を得た上で狂犬病を免除にしましょう

狂犬病は免除する手続きをすれば打たなくて良い

基本的には、狂犬病のワクチンは打つことが法律で決められているので打たなくてはいけないものです。

しかしワンちゃんが歳をとった、病気をしてしまって弱ってしまった

などの理由で打つことに抵抗がある飼い主さんもいるでしょう

上記のように何かしらの理由で打つことに抵抗がある、打てないよって子は狂犬病ワクチンを免除することも可能です。

なぜなら今現在、狂犬病は日本には存在しない感染症だから

日本国内で最後に感染が確認されたのが昭和32年(1957年)猫での発生が最後です。

まあ、海外に行った人が向こうで犬などに噛まれて感染し日本で発症した例(輸入感染)はいくつかあったみたいですが基本的に人間から人間に狂犬病が感染することはありません。

臓器移植で感染した例はありますが非常に稀とのこと。

上記のことから免除は可能です。

ただし手続きするのに診察がいるところもあります。

ただ面倒臭いから免除でっていうのは出来ません。

なので、

かかりつけの動物病院でその旨を書類に書いてもらってそれを届いたハガキと一緒に最寄りの役所or保健所に持っていってください。

これでその年の狂犬病は免除されます。

ただし毎年その手続きは必要なので病院に行く手間と手続きの手間は変わりません。

むしろ集団予防接種に行っていた人にとっては少し面倒臭いかもしれません。

それに書類も書いてもらうのにお金がかかります。

病院によって金額が違うのですが、おそらくワクチンと同等くらいかそれよりかかるかも。

若いうち、元気なうちはどっちも年1回打って予防してね

アレルギーなどで打てない場合を除いて、打てる子はどっちも打つのが賢明です。

今の社会では混合ワクチンと狂犬病のワクチン証明書がないとトリミングやホテルは受けて貰えません。

もちろんドッグランやドックカフェもダメです。

元気に外で遊べるならどっちも予防して気持ちよく外に出してあげましょう

日本に狂犬病がないのも今の所はって感じなので

優先して欲しいのは今の所は混合ワクチンだけど

打つのがルールなのは狂犬病です

コメント

タイトルとURLをコピーしました