犬・猫のお口のケア・歯のお手入れについて

犬猫の知識

犬猫を飼うにあたって一番多いであろうトラブルはおそらく口腔内のトラブル…歯石や歯肉炎といったお口の中のトラブルです

お口の中は手入れをしていても年をとるにつれて少しずつ悪くなっていきます。何もしていないと悪くなるのがとても早いです

というわけで、今回はお口の中、歯の手入れについて書きたいと思います

犬・猫の歯磨きのやり方・慣れさせかた

歯磨きといっても初っ端から歯ブラシを口に突っ込んでも犬猫たちは嫌がってしまいます。それどころかそれがきっかけで歯磨きがダメになってしまう子もいます。

いきなりやるのではなく少しずつならしてあげましょう

まずは、口に触らせることに慣れましょう

歯を磨く大前提として口に触れるようになることが大事です。これができなければ歯を磨くなんて到底できません。

まずは、スキンシップの一環として顔に触れつつどさくさに紛れて口を触るところから始めてください。

突然入れるとびっくりしてしまうのでもうほんとたまたま触っちゃった〜程度で構いません。これを何回も何回も繰り返しつつ口を触れる時間を長くしていきましょう

口に触っても平気になったら同じ感じで今度は口の中に指をほんの少し入れます

こうしていくことで口に指が入っても大丈夫だということを教えつつ口に中を触られるに慣れさせます

何回も何回も何回も繰り返して最終的に口を触っても唇めくっても中に手を入れても怒らなければ完璧です

指で歯を磨いてみましょう

口の触れるようになったらやっと磨く作業に移ることができます。といってもまだ指にしか慣れていない状況です。ここで指以外のものでやろうとするとおそらく振り出しに戻ってしまいます

まずは指を使って歯を磨く動きに慣れてもらいます

磨く手順に決まりみたいなのは存在しませんがそれでもいきなり口に指を突っ込んで磨く動作をしてもいきなりすぎてびっくりすると思うのでまずは手前の方から少しずつ磨くことに慣れさせましょう

本当に少しずつです。これではちゃんと磨けないじゃないかと思われると思いますがまずは慣れさせることが大事なので磨けてる磨けてないはこの時点では気にしなくていいです

それに指でも何もしないよりは歯を綺麗に保てます

磨かせてくれたご褒美にほんの少しおやつを与えても構いません。磨く動きに慣れさせましょう

布を指に巻きつけて磨いてみましょう

指で磨くことに慣れたらやっと布にチャレンジできるようになります。ガーゼなどを指に巻きつけてこれもまた少しずつ慣れさせましょう

初めて指以外の異物が口に入れられるのでここでダメになってしまう子とても多いです。焦らず慎重にいきましょう

慣れさせる手順は指の時と同じです。時間をかけて少しずつ歯を磨く動作をして布に慣れさせます。

とりあえず布までできれば市販されてる歯磨きシートも使えるようになると思います。ここまでできれば歯磨きできると言ってもいいでしょう。ただやはりブラシには劣ってしまうのでできたらブラシもできるといいですね

ブラシを使ってみましょう

まずは指ブラシがいいでしょう。名の通り指にはめるタイプの歯ブラシです。初めてのブラシになるのでこれも慎重に使っていきます。慣れさせる手順も一番最初に戻して口を触らせるところからやりだんだん口の中にそして最終的に歯に触れるように慣れさせます。

これができるようになったら歯ブラシに挑戦です。使うブラシはなるべく柔らかいものであればなんでもいいでしょう。特に犬猫用でないとダメという決まりはありません。むしろ犬猫用のブラシだと割高になります。100均で売ってるような人用のブラシで全然いけます

歯ブラシを慣れさせるときも最初に戻し少しずつ慣れさせます。最終的に磨けるように慣れば御の字なので時間をかけましょう

歯ブラシが使えるようになればもう口腔内トラブルは怖くないでしょう。あとはサボらず磨いてあげてください 

歯磨きトレーニングの注意点

歯磨きに関しては本当に根気が必要です。慣れるまでにはものすごく時間がかかるでしょう。

もし次の段階に行くタイミングを見誤ってしまうとあっという間に振り出しに戻ることもあります。もし今やってる過程で犬猫が不機嫌そうな様子を見せるならひとまず前の段階に戻ってそこからやり直してみてください。

どうしても次の過程にいけないのでしたらとりあえずそこで妥協するのもいいでしょう

慣れるのにかかる時間ですが、これは個体によって差があるので言えません。確かなのは小さいうちの方がなれるのが早いということです

大人になってからさあ歯磨きしなくてはとなってもなかなかさせてはくれないでしょう。もしできるなら小さいうちから歯磨きする習慣をつければ大人になってからの口腔ケアがとても楽になるでしょう

あ、でも大きくなってからでも歯磨きに慣れることは不可能ではないです。時間はものすごくかかるし完璧にはできないかもですが現時点よりマシにすることは十分可能ですので根気強く頑張りましょう。

犬・猫がすごく嫌がる どうしてもできない場合は?

歯磨きガムを使う

一番ポピュラーな方法です。おやつ代わりにこう言ったガムを与え噛ませることで歯垢がつくのを防ぎます。今では人間のマウスウォッシュに含まれる成分を使ったものまで販売されています。

主に使われているのは、牛皮や豚の鼻ひづめなど硬いもの。あとはお米などを主成分にしたものもあります

ただ物によってはお腹を壊したりするので注意が必要です

粒が大きめのドライフードを食べさせる

犬猫は基本的にはまるのみですが粒の大きめなドライフードにすると飲みにくいため必然的に噛む作業をします。噛むことで歯磨きと同じような効果が得られ歯垢が付きにくくなるのです

歯石対応フードを使うのも手でしょう。それらは粒が大きめな上粒に少しでも歯垢が落とせるような工夫がされています

ただし粒が大きいゆえに喉につまらせたり食べられなかったりするので注意が必要です

もし粒が大きめのがダメだったとしても完全なドライフードで噛んでくれれば歯垢除去は効果が期待できます

ウェットフードが一番歯石が付きやすいのでなるべくならドライフードを与えるようにしましょう

犬・猫の口のケアしないとどうなる?

ケアをしないとどうなるのか…もちろん日に日に歯垢がが溜まっていき歯石になっていきます。

しかも犬猫たちは歯垢から歯石になるまでが人間よりも早く歯垢が付着してから2〜3日もすれば歯石になってしまいます

歯石は口臭や歯肉炎、歯槽膿漏の原因になります。ひどくなりすぎると歯がグラグラになったり溜まった膿が顎の骨を溶かし鼻の上などから膿が突き抜けて出てくることもあります

それに口の中から細菌感染を起こしそれが体に回り内蔵の方を悪くすることだってあります

歯石は一度付いてしまうと基本的にはスケーリング…歯石除去でないと取れないです。よくトリミングに行くとついでに歯石を取ってくれるコースもありますがこれはあくまで表面的な歯石を取るだけです

軽度な場合はこれでも十分効果はあります。しかし重度の歯石となると表面を取ったくらいでは根本的な解決にはなりません。歯肉のすぐ近くや中の歯石を取っていかないとダメなのです

犬・猫の歯石除去法とは

歯石除去(スケーリング)とは犬猫に麻酔をかけて超音波で歯石を削り歯を綺麗にする処置、手術のことです。

しかし、それをするにはかなりの痛みを伴います。人間なら痛みを我慢するか局所麻酔でどうにかなりますが犬猫はそうはいきません。なので麻酔をかけて行う歯石除去が必要になってくるのです

メリット

スケーリングのメリットは口の中の状態を整えることができるということです。歯石をとりグラグラになった歯を抜くことでそれまであった炎症やそれに伴う痛みの原因をなくすことができます

結果、口臭や口の中の痛みによる食欲の低下を止めることができます

デメリット

デメリットはスケーリングには麻酔が必須だということです。無麻酔でやる処置には限界がありますしそもそも痛みが強いと口を触らせてはくれないでしょう。

麻酔は体に負担がかかります。何かしら疾患があったりお年をめし過ぎていたらやること自体がリスクになります。

あとは、スケーリングをすると歯の表面が削られザラザラになるため今まで以上に歯石が付きやすくなることです

気をつけないとスケーリングを繰り返すことになります

最後に

人もそうですが、犬も猫も年をとるにつれて歯は悪くなります。しかし何もしていなければ若いうちから口の中が悪くなり日常生活に支障が出てきます

そして歯垢、歯石を防ぐには日頃のケアが最も重要になります。

そしてそれは小さい時から習慣づけていればさほど難しいことではありません。大人の子でも今からでも決して遅くはありません。歯を綺麗にする習慣をつけてあげましょう

今回はこれで以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました

下に他の手入れ法の記事のリンクをまとめたリンク集を貼っておきますのでぜひ読んで見てください

コメント

タイトルとURLをコピーしました