【必見‼︎猫の予防】猫のワクチンについて

犬猫の知識

前回は犬の予防について書きました 

今回は猫の予防について書きたいと思います

猫の初年度の混合ワクチンについて

1回目(生後2ヶ月)…このくらいの時期に移行抗体がなくなってくるのでこのタイミングで一回目を打ちます

2回目(生後3カ月)…1回目のワクチンで上がり切らなかった免疫をあげるために約1カ月後に2回目を打ちます

コレで初年度のワクチンは終了です

基本的には一回目も2回目も3種のワクチンを打つと思いますがもし5種のワクチンを打つ場合は事前にウイルス検査が必要のなるので注意してください(詳しくは下に

猫のワクチンの種類と予防できる病気は?

3種混合ワクチン

基本的に打ったほうがいいと言われるワクチンです

・猫ヘルペスウイルス感染症…症状は鼻水、くしゃみ、結膜炎など風邪のような症状が出ます 

・猫カリシウイルス感染症…ヘルペスウイルスと同じような症状に加え口の中に水疱や潰瘍(人間で言う口内炎)がたくさんできます 

・猫汎白血球減少症(猫パルボまたは猫ジステンパー)…症状は酷い下痢や嘔吐で重症化すると亡くなることもあります 仔猫が感染するとかなり危険です

ヘルペスウイルスとカリシウイルスはいわゆる猫かぜの原因と言われてるウイルスで唾液などから感染するため外の猫はだいたい持ってるとされており一度感染するとウイルスが体に残り続けてしまいます なのででストレスなどで症状が出ることもあります

だったらなんでワクチンをするのか?それはワクチンをしておけばもしまた症状が出ても軽くて済むからです

風邪とは行っても人と違ってほっといて治るものでもないし下手したら重篤化してしまいます

それにパルボウイルスも発症すれば完治が難しいため予防が必須となります

可能性を少しでも下げるためにも完全室内外であっても最低限この3種のワクチンは毎年打ってあげましょう

4種以上のワクチン

3種ワクチンにもう数種類ずつ抗原が追加されたワクチンです

・猫白血病ウイルス感染症…生後まもない子が感染すると亡くなるリスクが高くなるのですが1歳以上の子だと体からウイルスが消える(陰転)することが多いです ただし発症してしまった場合の治療法がなく症状に対する対処療法しかありません

・猫クラミジア感染症…猫クラミジアという細菌から起こる感染症で猫風邪に似た症状が出ます 悪化すると肺炎になることもあります また人畜共通感染症であり稀に人への感染も確認されています

・猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズウイルス)…猫同士でしか感染しません 発症すると免疫不全を起こし下痢や口内炎などの症状が出ます しかし感染しても発症しないことも多く何も症状が出ないまま老衰する子もいます

3種以上のワクチンを打つ場合は血液検査で感染していないか確認する必要があります(もし感染していたら打っても意味ないからです)

なお猫エイズのワクチンのみ混合ワクチンに含まれず単体を別で打つ必要があります

外に出る子は必ず4種以上のワクチン…なるべくなら上の感染症は全て防げるようにしてあげましょう

ストレスなどの負担をかけなけなければ発症しませんが猫は環境の変化などにすごく弱いので思ってる以上に簡単に発症してしまいます

猫がもし感染症に感染してしまったら?

感染しても発症しなければ普通に生活できます ストレスをかけないように猫の思うように生活させてあげてください

ただし、多頭飼いの人は要注意です

だいたいの感染症は唾液や排泄物から感染します 感染した子とそうでない子が互いにグルーミングしあったりトイレを共同で使っているといとも簡単に広がってしまいます

なので感染猫は隔離するのが原則、お部屋は別にしてトイレや食器なども専用のものを用意し感染猫を触った後他の猫を触る場合はその前に手を洗い消毒をし可能なら着替えましょう

猫のワクチンを打つ場所について

猫に関してはワクチンを打つ場所を3箇所から選ぶことができます

なぜか 近年になってワクチンを打つとその打った箇所にワクチン関連肉腫という腫瘍ができてしまうと報告されたからです

と言っても一万頭に数頭ので今の所5種のワクチンで確認されているだけなので早々出くわすものでもないのですが用心するに越したことありません

場所は痛くない順に背中→足→尻尾の3箇所です

それぞれのメリットデメリットは

・背中…一番痛くないが万が一腫瘍ができてしまった場合完全には取り切ることができないことが多い

・足…痛みは他二つの間くらいでもし腫瘍ができてしまった場合断脚することで取り切ることが可能 なお人と違って足一本失っても生活にはほとんど支障が出ません 驚くほどよく動きます

・尻尾…一番痛い ほとんどの子が泣き叫びますが腫瘍ができてしまった場合断尾することで取り切ることが可能 尻尾はなくても問題ありません

私のオススメは足です 理由は痛みもほどほどで腫瘍ができてしまっても取り切れるからで私の場合は断脚なども抵抗はほとんどないからです

足切って命助かるなら迷わずそうします

尻尾はできない可能性のが高いのにそんなに痛い思いはさせたくありません

なので私は足をお勧めします

が、選ぶのは飼い主さんです 病院によっては選択させずにさっさと打ってしまうところもあるのでもし打つ箇所に希望があるなら体調を見ている間に伝えましょう

猫に狂犬病は打つのか?

犬と違って猫は狂犬病のワクチンは義務付けられていません

なぜか?それは今現在日本に狂犬病ウイルスが存在していないからだと思われます

しかし、狂犬病は哺乳類全体に感染のリスクがあるウイルスです 今は犬にしか接種の義務がありませんので日本にいるほとんどの猫ちゃんはワクチンを打ってないでしょう

そして猫は犬と違って繋がれていないので自由に動き回れます もし日本に狂犬病ウイルスが入ってきて野良猫あたりに感染したとするとその猫さんが喧嘩なりなんなりで他の哺乳類に噛み付くたびに感染が広がるわけで最終的には人間にも感染するだろうから……この後は想像したくないですね

そうなる前に猫と自分たち日本人も狂犬病の予防が義務付けられればいいですね

猫のノミダニ予防に関して

ノミダニについては⬇️の記事に詳しく書いてるのでこちらへどうぞ

注:猫のノミダニ予防は垂らすタイプしかありません(もしかしたら私が知らないだけ?)

フロントラインの他にブロードラインというノミダニとその他寄生虫に対する滴下薬があります

使い方はフロントラインと変りません 動物病院で購入可能です

最後に

猫は今でこそ完全室内飼いを推奨していますが今でも外に散歩に行くよって子は多いと思います

だからこそ予防をしっかりして、なるべく病気のリスクを減らしてあげて欲しいです

もし感染していても適切に管理していけば寿命は伸ばせます ストレスを最小限にして自由に生活させてあげましょう

今回は、これで以上です 最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました